みんなが知らない最近の医療

医療と効果的なリハビリについて

交通事故やうつ病、などいろいろな病気が日本にはあります。

交通事故などの場合には、医療的にすすめられるリハビリがあり、よく知られている、まず歩く練習からじょじょに始めていく、そのようなリハビリなどがありますが、またはうつ病などの場合にも、医療的にすすめられる効果的なリハビリがあります。

交通事故などのケースの場合には、たとえば手が動かなくなってしまった患者さんに対して、医師または作業療法士さんが、効果的なリハビリができるように、専門の器具などをつかって、一緒にリハビリをおこなっていくケースがあります。

一方で、あまり知られていませんが、うつ病などの場合にも、このようなリハビリが必要なことがあります。

医療として、うつ病の患者さんは、薬などの影響などがあり、どんどんと家に引きこもりがちになってしまいます。

そして、運動をあまり行わない、薬や病気の影響で、運動などが、ほとんどできない状態になってしまい、筋肉がどんどんと落ちてしまっている状態になっているのです。

そのような方のために、効果的なリハビリは、まずは、家の中で少しずつでも家事などを行い、体を動かしていくことです。
本当に少しずつでもいいので、おこなうことで、前よりは、どんどんと筋肉が回復していきます。

または、水泳など、この他にも散歩など、ちょっとした運動もリハビリにつながるのです。

外の空気にふれることで、心が改善され、悩みなどがなくなっていく、または軽減されていく、そのような効果もあるため、医療的にも、すすめられている方法となっています。

このように、少しずつでの運動でも、ちょっとした日々のつみかさねで、どんどんと筋力は増加していきます。