みんなが知らない最近の医療

医療と企業による糖質について

糖質とは、イメージとすると、とても甘いもの…たとえば、ケーキやクッキー、マドレーヌ、チョコレートなどのような、おやつに出てくる甘くておいしい食べ物をイメージするものですが、糖質とはそのようなものだけでなく、でんぷんなども含まれています。

医療的に見て、糖質は、3大栄養素の1つであり、人の体には必要なものですが、もちろん、取りすぎてしまう、食べ過ぎてしまうと、体にとってはよくないことが起こります。

たとえば、上記にあげたクッキーやケーキ、チョコレートなどはとてもおいしいものであり、お子さんだけでなく大人も大好きな食べ物です。

特に、疲れた時などには、このような甘いものが食べたい!と思う人は多いものです。

企業では、このような糖質に対して、制限をもうけているところがあります。
それは、企業として、医療の分野を守るため、社員の方々に健康でいてもらうために、糖質の制限などを行い、健康を維持してもらう目的が、企業の側にあるからです。

そのため、たとえば、医療として、メタボリックシンドロームを防ぐために、企業側が努力をしているケースもあります。

上記にあげた甘いものなどは、おやつとして、多くの一般企業などでも出されるものですが、医療として、健康を社員に保ってほしい、保ってもらいたい、そのように考えている会社さんの場合には、糖質などの制限をするとともに、社員食堂などでも、カロリーなどを目安にして、メタボリックシンドロームとならないように、工夫をしておられます。

また、メタボリックシンドロームにならないように、またはメタボリックシンドロームを改善できた場合には、ご褒美などを企業として提供するなどしている会社もあります。